孤独感・疎外感が強い!そんな人がラクになるための記事|アダルトチルドレンの改善・回復方法

1.孤独感や疎外感の原因

7db0d6cc29e06dca543bc8fafdc29f28_s

  • 対人関係がうまくいかない
  • 恋愛が続かない
  • 孤独感が強い

あなたにも、こんなお悩みや問題はありませんか? こういった人の特徴として『まじめで自分に厳しい』というのがあります。自分の中に厳しい『ルール』があるので、それを自分に当てはめます。他人にも、同じように厳しくしてしまうことが多いので、周りも近寄りがたいのです。

ではなぜ、厳しいルールをもってしまうのでしょうか?

それは幼少期、子供時代に「甘えさせてもらえたか?」が大きな要因です。もっと正確には、十分に甘えさせてもらえたという『感情』をもてたかどうかがポイントです。

親がどれだけ愛情を与えたかではなく、いかに子供の側が満足したかどうかが重要なんですね。アダルトチルドレンの原因となりやすい機能不全家族では、過去にこうした感情をもちにくい傾向にあります。

 

2.幼少期に甘えるのは大切

 子どもは親に甘えたいものです。すごく自然な欲求ですよね。先日仕事で、とあるお宅にお邪魔しました。 すると、奥から3歳くらいの子どもがでてきてこう言ったのです。

「ママだっこ、ママだっこ!」と。なんとも可愛らしい光景でした。まるで、「おなかすいた!」と言うのと同じような感覚です。

 甘えたいという衝動って、そんな感じなんでしょうね。先ほども書きましたが、甘えるとは自然な欲求です。ひまわりが太陽に向かって伸びるのと同じですね。

 

だから、できれば遮(さえぎ)ってほしくないものです。ひまわりの成長を何かが邪魔してしまったら、ひん曲がってしまうでしょう。甘えたいという欲求も同じです。

 

「今忙しいからあっちへ行ってなさい」と言われたり、 言葉はないけどイヤそうな顔をされたとしたら…どうでしょうか? きっと心がひん曲がってしまうでしょうね。この時、いろいろな問題が起こります。

 

1.自己否定

甘えたいというのは本能なのですが、その欲求を否定されてしまう。

そうなると、自分自身を否定するようになってしまいます。

「あぁ、ありのままの自分を表現しても受け入れてもらえないんだ」

「親に受け入れてもらえないのは、自分が悪いんだ」と。

こうした経緯から、自分を偽り、ごまかすようになります。

 

2.拗(す)ねる

本当は甘えたい。でもそうすると傷つくか、ネガティブな思いをすることになる。

子どもながらにそれは辛いので「甘えるのはやめよう」と決めます。

心理学で『幼児決断』と言いますが、これは子どもでいることへの否定です。

「子どもであってはいけない」と思いこみ、『いい子』や『優等生』を演じるようになります。

でも、それは本当の自分ではないので、いつか破綻する日がきてしまうのですね。

 

3.親への怒り

子どもの本心は「甘えたい」→「受け入れてほしい」 と望んでいます。

なので、それをしてくれない親に対して「なんで??」という感情をもちます。

でも、親を悪者にしたら自分が生きていけません。だから自分のせいにしつつも、親への怒りは心の奥底に抑圧します。 幼少期のこういった経験が、厳しいルールをつくり出します。

  • 「甘えてはいけない!」
  • 「子どもであってはいけない」
  • 「いい子でなければ愛されない」

そして、甘えている人を見ると怒りの感情がわいてきてしまうのです。

3.今からでも甘える練習を

d7cecd0dd75500287497273917590bc3_s

怒りがわくといっても、その本心は「うらやましい」という気持ちの裏返しなんですね。

「自分はいつも我慢して生きているのに、あなたはそんなに楽をして!!」 となるので、イライラすることが多い人生になってしまいます。

 

あなたは、普段から次のような悩みをもっていませんか?

  • 何か甘え足りていないような感覚がある
  • 甘えている人をみるとイライラする
  • パートナーも甘えることに抵抗がある

もしこれに当てはまる場合、以下のことを試してみましょう。

 

1.甘えても受け入れてもらえるという経験をする

 

いつもやってこなかった「甘える」という行為を、実際にしてみましょう。

ただし、練習相手はよく選んだ方がいいです。 私は10歳年上の同性の先輩を相手に、練習させていただきました。

最初は抵抗あります!(当たり前か) 照れや恥ずかしさはもちろんのこと。

「あれ、おまえってそんなキャラだったの?」というギャップに対する抵抗感! これが強烈でしたね…まじめキャラという設定になってましたから。

 

でもやりました。それでどうなったか?

その先輩は、意外にも『喜んで』いたのです。 衝撃でしたね(汗)

自分にもできた! 受け入れてももらえた!! 何かが自分の中で変わりました。

なぜそう言えるかというと、甘えてる人をみても気にならなくなっていたからです。

 驚きました… 甘えている人が許せない?

いやいや。甘えるって、いいよね!

こうやって自分を崩すこと。すっごく大切です。

 

2.甘えてはいけないという思いこみを外す

自分に制限をかけるような思いこみを『リミッティングビリーフ』と言います。

「子どもであってはいけない」 「甘えてはいけない」 「感情を表現してはいけない」 こういった思いこみは、カウンセリングで解消できる場合があります。 幼児決断とあったように、本人が自分で決めたものです。 なので決め直すのもまた、自分なのです。