自分を満たしてやりたいことを見つける!

f5a086e7bc39d0dbe4dacb663bf676a6_s

自分がからっぽ。何をしたいのか、、自分の気持ちがさっぱり分からない…

こんなお悩みはありませんか?

 

自分のやりたいことを見つけるのって、そんなに簡単なことでありません。

特に、アダルトチルドレンというのは自分のことよりも

『周りにどう思われているか?』に意識がむいています。

外からの刺激に敏感な分、自分の心の声を聞くのは苦手だったりします。

だから自分のことを、今からでも満たしていくことが大切です。

 

写真(12)

さて、今日も皆で畑やってます!
植えたのはスイカと綿(めん)。

このメンバーは
農薬も肥料もつかわない
『自然農法』という農業が好きで

うちでも『土と日と水』の力だけで育てています。

映画化もされてご存知の方もいるかと思いますが、
『奇跡のリンゴ』という実話がありまして、

青森県の木村さんという方が、
リンゴを無農薬・無肥料でつくることに成功しました。

リンゴ農家の間では信じられないことだったそうです。

もちろん、最初からうまくいったわけではなく、
何度も挫折し、「死のう」とさえしたのだとか。

最後はリンゴの栽培に成功するのですが、

なんと! 声をかけなかったリンゴだけは
育たなかったそうです。

不思議ですね。

リンゴなのに、人間の愛情が必要なのでしょうか??

海外の文献で見たのですが
保育器に入っていた赤ちゃんで、

ミルクは与えられたが、
母親から一切触れられなかった子は
死んでしまったという記録がありました。

リンゴですら人の愛情を感じるのであれば、
人間である私たちはその何倍も必要なはずですよね。

よく、自分で自分のことを

・認めてあげよう
・受け入れよう
・愛しましょう

ということを言われます。

私も言ってます(笑)

でも、周りからの承認や愛情によって、
自分の心を満たしてもいいとも思ってます。

以前どこかでご紹介したのですが、
フランク・カフカという作家がいます。

『絶望名人カフカの人生論』
という本を出していて、
笑っちゃうくらいネガティブな方です。

でも彼には、そんな自分を理解して、
受け入れてくれる親友とパートナーがいました。

周りの支えもあって、
彼は何とかやってこれたのだと思います。

でも一番いいのは、

やはり自分で自分を

・認めてあげ
・受け入れていき
・愛してあげること

です。

そして、これをしていくためには、
順序を守ることが必要です。

ここで言う順序とは、
先にネガティブな感情を解消してから、
自分を肯定したり受容するということです。

先に冷蔵庫の中の古いものを出してから、
新しいものをいれる。

そんな感覚です。

カウンセリングの継続コースを
受講されている方はわかると思うのですが、

こうやって自分の心の中をクリーニングしていくと、
ある日コップの水があふれるように、

ラクになっている自分自身に気づきます。

気づいて、それが日常になると
もうカウンセリングには来なくなります(笑)

先日もあるクライアント様とお話していたのですが、

「すっかりラクになったので、
今度は自分のやりたいことを見つけたいです!」

と言ってました。

なので、カウンセリングではなく、
やりたいことを見つけるためのお手伝いをさせて頂きました。

*こういう時は、何をしたいかよりも、 
 自分の価値観を知るといいですね^^
 情熱とか、人生のテーマとかです。
 
 
対人恐怖や見捨てられ不安、
漠然とした孤独感や疎外感。
 
 
こういったものが解消してくると、
 
自分の存在価値を埋めたいという欲求よりも、
本来のやりたいことに目をむける余裕が生まれてきます。
 
 
アダルトチルドレンというのは、
親の顔色をいつも気にしていたり、
 
自分が愛されているか(人からどう思われているか)? 
を常に心配し、考えています。

そこには、自分が何をしたいのか? 
という心の声を聞いている余裕がありません。

そんな日々が続くことで、
すっかり自分というものが分からなくなるのです。

でもしょうがない。

そういう環境に居合わせてしまったのだから。

あなたが悪いのわけではないですよね。

・自分がわからない
・自分の意見がもてない
・何をしたいかわからない

こういったお悩みを根本的に解決していくためには、
自分の心の不安定さを解消していきましょう。

まずはできる限り、自分の心を満たすことです。
コップの水があふれるところまで。