自分を認めるとはどういうことか?

「自分で自分を認めてあげましょう」

このように人から言われたり、本に書いてあったりしますよね。

でも、多くの人は、これができなくて悩みます。

自分を認めるとは、そもそもどういうことなのでしょうか?

 

認めるということ


 

 

「認める」というのは、簡単なことではありません。

なぜなら、それは責任をとることと同義だからです。

 

罪を認めれば、それ相応の刑罰を受けなくてはいけないし、

不正を認めれば、社会的な責任をとらなくてはいけません。

 

負けたくない人に負けた時。

自分の能力、情けなさ、弱さも認めることは、

悔しさや恥といった感情と向き合う必要もでてきます。

 

 

ですが、人であれ、企業であれ、ありのままの姿(現実)を、

否認(認めないこと)をしているとうまくいきません。

 

人も企業も同じである、ということで、

先に企業について書いてから、人について書こうと思います。

 

■企業の場合

 

ビジョナリーカンパニー3 衰退の五段階という本があります。

数ある企業の中から、ほんとうに優れた、偉大な企業とそうではない企業。

それらを比較調査し、まとめた本です。

 

 

 

この本では、『企業の衰退の五段階』という記述が出てきます。

 

1.成功から生まれる傲慢
・成功を当然と考え、主要な弾み車を無視する。
・成功を収めるために必要な条件に対する理解を忘れさる。
2.規律なき拡大路線
・衰退企業が成功に自己満足して野心を失ったということは少なく、急激な事業拡大の方が危険である。
・事業の成長にあわせた適切な人材配置をし切れなくなる。(パッカードの法則)
3.リスクと問題の否認
・自社のリスクに対する過小評価する。
・指導者が失敗を外部要因の所為にする。
4.一発逆転策の追求
・一貫性のない新戦略・革新を追求する。
・救世主のような指導者に過度な期待をする。
5.屈服と凡庸な企業への転落か消滅
・身売りなどの屈服と負の遺産による選択肢の消滅。

 

この中の3段階目に、『リスクと問題の否認』という項目があります。

 

企業ですので、自社の経営状況、競合や業界の動向といった『現実』がまずあります。

その現実を、都合の良いようにごまかしたり、否認した企業ほど衰退していく。

こういった事実を、データをもとに解説しています。

 

現実を直視せず、見ないフリをして否認する。その結果、次第に先細り、衰退する。

 

 ■人の場合

 

さて、ではこれを人に当てはめて考えてみましょう。

先ほどの『自社』を個人に当てはめると、『その人自身の個性、性格』。

『競合や業界』は、『周囲の人間関係や仕事などの日常』と置き換えてみます。

 

例えば、自分の性格が嫌いで、劣等感を感じていたとしましょう。

 

自分のダメなところ、無能さなどを認めるということは、

負けを認める敗北感を味わい、自分の限界を直視することになります。

 

苦痛なので、できれば認めたくありません。そこで否認する。

ありのままの自分をごまかし、虚勢を張る。

 

そうすると、虚勢ですので現実との落差が出て、それを隠すためにバレたくないという心理が働きます。

 

企業が不祥事を起こし、必死に隠そうとするのと似ています。

バレたくないので、公の場に出て人と会うことが苦痛になります(記者会見など)。

 

個人も同じで、人とのコミュニケーションが辛くなる。

これが否認するということです。

 

自分自身に、嫌いな部分があってもいいのです。それは自然なことだから。

人それぞれ、価値観があります。虫や動物にもそれはあります。

 

シマウマは草が好きですよね。

「たまには魚でも喰えよ」と言ったところで、くちゃくちゃ食べるでしょうか(笑)

 

好きと嫌いは、同居していいんです。でも否認は、衰退への要因。

 

まずは、少しずつでいいので、等身大の自分を認めていきましょう。

ありのままの自分を認め、肯定してあげる。

それだけで、十分、人生の厳しさと格闘するエネルギーは湧いてきますよ。