自分を責めてしまう心理とは|アダルトチルドレンの特徴を克服する3つの方法

ac-1「はぁ、私ダメだなぁ」。こんな風に、自分を自分で責めてしまうことはありませんか? 私は毎日していました(苦笑)。仕事で集中しているか、寝てる時以外は、いつも自分にイライラしていました。

ところがです!長年やり続けてきたにも関わらず、さっぱりと止めることができました。今はほとんど、いや、ゼロに近いくらいしていません。

というのも、自分を責めるというのは習慣というか、クセでやっていることに気づいたからです。一度止めることができると、それが新しい習慣になるので、自分を責める苦しさからは解放されることになります。

こうなると、すご〜くラクになれます。

 

心のリストカット

自分を責めるということは、自分の心にダメージを与えているのと同じ行為です。心は言葉によって傷つきますよね。だから、やらないほうがいいのは明らかなのに、なぜ私は繰り返しやっていたのでしょうか? 

それは、それをすることにメリットや目的があったのです。クセというのは、何か意図があるものですよね。例えば『爪をかむ』のもよくあるクセの1つですが、爪をかむ心理は愛情不足や情緒不安定が原因と言われています。

爪をかむことによって、不安を感じている状態をごまかしたり、欲求を満たせない自分自身を罰しているのかもしれません。いずれにしても、心にある『何か』を、表現することでバランスをとろうとしているのですね。

 

自分を責める3つのメリット

人から責められないようにする

自分で責めることで、それ以上他人から責められるリスクを減らすことができます。調子に乗っている人間には、嫉妬や反感を買う可能性があります。ですが、自分で責めている人というのは、周りから見ると反省しているようにも見えるので、反感を買いにくいのです。

がっかりしないようにする

もともと、自分を低く評価してりる人が自分を責めやすい傾向にあります。そういう人は、自分のことを人から評価してほしいと望む一方で、人からがっかりされることへの恐怖もあるので、自分を責めることで、自分から『自分の評価』を落とそうとします。

人から責められることに備える

自分はダメで、できていない。なのでいずれ誰かから責められるかもしれない…そう思うと不安になるので、先に自分で責めることで、不安を紛らわそうとします。不安というのは、まだ起きていない出来事に対してわき起こる感情なので、できれば避けたいという欲があります。採用の合否を待っている間などは、不安で落ち着かないですよね? そういった不安定な状態は、人間にとってストレスなのです。

 

自分を責めるクセの直し方

ステップ1)目的に気づく

どんなクセにも、そこにはメリットや目的があるので、まずはそこに気づくことが大切です。気づくということは、無意識でやっていることを意識するということです。もっと具体的に言うと、それを言語化できるということですね。

「なぜそれをやるの?」という質問に答えられること=意識できているということです。

ステップ2)自分を責めている自分に気づく

私の場合、頭の中で、自分の悪口がグルグルと回っていました。自動再生されているかのように無意識に、やっていたんですよね。それくらい自分のことが嫌いで、ダメだしせずにはいられなかったわけですが…

これも同じで、無意識にやっていることをまず理解する。ここから始めるのがいいと思います。自分を責めている自分に、意識的に気づき、まずは観察してみましょう。「あ、今やっちゃってるなぁ私」といった具合にですね。

ステップ3)気づく度に修正する

『自分を責めている自分』に気づいたら、何か小さなアクションを起こします。何でもいいのですが、例えば手をギュッと握り込むなどでもいいです。そうすることで、意識できますし、いつ・どんな時にやってしまうのかを計測することもできます。

そして、手を握りながら自分に質問をしてみましょう。

  • 「これをすることのメリットはなんだろう?」
  • 「これをする価値はあるのだろうか?」

自分という人間を、もう一人の自分(の視点)から客観的に見るような…そんな冷静な分析を、何度かしてみて下さいね。

 

カウンセリングでは

自分を責めてしまうという方はとても多くいらっしゃいます。私自身もそうでしたから、お気持ちはよく分かります。ただ、あくまで『クセ』ですから、少しずつ頻度を少なくし、いずれは止めていくことが可能ということは知っておいて頂けると嬉しいです。

いつも自分を責めて、自分に自信をもてなかったというお客様がいました。半年以上お付き合いをしていますが、今ではすっかりクセを解消し、表情もずいぶんと明るくなりました。

カウンセリングでは、原則としてアドバイスなどはしていません。ですが、自分を責めるのをどうにかしたいというご相談については、数ヶ月で止められるようなアドバイスもさせて頂いています。

 

まとめ

心のリストカットということで、できることなら早い段階で止めることができると、生きることがとてもラクになると思います。まずは、それが矯正可能な『クセ』であることを知り、少しずつ手放していけるといいですね。

本来、自分を責める必要はありません。自分を見つめたり、振り返ることは大切ですが、自分で自分を罰することはないのです。

どうして自分を責めるのですか? 他人がちゃんと必要なときに責めてくれるんだから、いいじゃないですか。

【アルベルト・アインシュタイン】

自分をどうしても責めてしまう。そんな時はご相談下さい。一緒に解決していきましょう!

虚しい気持ちになる人生を克服するために|アダルトチルドレン

life「何のために生きてるんだろう?」私には、毎日こう考えては、ため息ばかりついている時期がありました。生きている意味や価値、楽しみがわからなくて、何をしていても虚しくて辛かったですね。

ところが、自分の周りは楽しそうに毎日を過ごしているように見えたので、自分だけは何かおかしいのだろうか? といろいろ考えることも多かったです。

これは、2000年の夏ころの話です。1つ年上の先輩が自殺をしました。人づてに聞いたのですが、遺書には「生きてる意味がわからない」とあったそうです…。それを聞いたとき、自分もこのままいくと同じ道をたどるのではないかと、恐ろしい気持ちになったのを覚えています。

生きている意味なんて、普通はわからないですし、悩んでもしょうがないのかもしれません。でも、死を考えてしまうくらい苦痛なのであれば…それは別の要因がある可能性があります。

 

喜怒哀楽のマヒ

生きている楽しさや喜びといった喜怒哀楽は、五感で感じるものですよね。私たちは外の世界を、見たり聞いたりしながら、五感で認識をします。五感から情報が脳に入ってきて、「嬉しい」「楽しい」「美味しい」「キレイ」といった情動に変わります。

この、感覚を感じる力が弱いと、「ん? 今楽しいのかな…分からないな」という状態になってしまいます。生きている意味が分からず、虚しくなったり思い悩んでしまうのには、『自分の感情が分からない・感じとれない・表現できない』ことから起こることがあるのですね。

さらに、自分の感情が分からないと、そこから派生した問題も起こります。例えば、やりたいことが分からないとか、人と深い仲になりにくい等があります。その結果、ますます生きてる意味が分からなくなることがあります。

 

やりたいことが分からない理由

「やりたいこと」が分かるためには、自分の「〇〇したい!」という気持ちを知る必要があります。なので、自分の気持ちを、自分で感じ取る必要があります。

「こうした方がいい」とか「こうするべき」というのは思考なので、やりたいこととは少し違うのですね。なので、自分の気持ちや感情が分からないと、なかなか自分の進みたい方向が見えてきません。

 

人と親密になりにくい理由

人と人がつながるのは、気持ちが通じ合うことが大切です。気持ちや感情を共有できた時に、人は安心したり親近感が湧いたりするからですね。どんなことがあったかという事実の説明だけでは、人との心の距離を縮めるのは少し難しいです。

 

自分の感情が分からなくなる理由

赤ちゃんは、ほぼ感情だけで生きています。脳が未発達ですからね。当然、私たちは皆赤ちゃんの状態からスタートしますから、最初から感情が分からないということはありません。

ところが、育つ過程で感情を感じたり、表現すると都合が悪かった場合、感情を感じるレベルが下がることがあります。例えば、いつも家に一人でいて「寂しい」と感じていたり、いじめにあって「辛い」と感じていた場合です。

両親が共働きで忙しく、一人でお留守番をして過ごしている子どもがいたとしましょう。長時間の寂しさや不安というのは、小さな子どもにとって耐え難いものがあります。そこで、毎日感じる「寂しい」という感情を紛らわすために、感情を感じないように抑え込んだり、空想にふけったりするのです。

 

失感情症と無気力の関係

失感情症(アレキシサイミア)とう概念があります。アメリカの精神科医シフネスが提唱しました。自分の感情を感じたり、表現することが苦手という特徴があります。幼少期の親子関係なのにおいて、ネガティブな感情を感じないようにしたことが原因の1つとされています。この辺は、アダルトチルドレンと共通点がありますね。

感情を感じないようにすることで、得るものと失うものがあります。得るものとは、それをすることによって目の前の苦痛を避けることができるということです。ところが、同時にポジティブな感情を感じる力も失ってしまいます。

私たちは、感じたくない感情だけを、都合良く選ぶということはできません。ここが難しいところで、幼少期は苦痛を避けるために役立ったことが、大人になってからは無気力な状態を生むことにつながってしまうのですね。

 

感情を感じる練習

ポイント1)ノートに書き出す

これは私のメンターが教えてくれたのですが、まずやった方がいいのは書き出してみるということです。

今日一日の出来事を2〜3書いてみます。そして、それについてどう感じたのかを書くということですね。ポイントは「どう感じたか」を書くということで、「どう思うか」ではないという点です。

実際に書き出してみると、自分の感じた事を客観的に眺めることができます。そうすることで、自分が今日何を感じていたのかに気づくことができます。

ポイント2)ゆっくり取り組む

心の奥にしまいこんだ感情は、絡まったヒモを解きほぐすように、ゆっくりと時間をかけて扱ってあげて下さいね。

どこかのタイミングで、感情を感じないようにフタをしたわけですから、一気に開けてしまうと余計体調が悪くなったりします。

 

カウンセリングでは

カウンセリングでは、クライアント様の無意識に抑え込んだ感情を、ゆっくりと寄り添いながらひも解いていきます。幼少期に大切にしたかったけど、我慢して犠牲にするしかなかった感情を発見し、解放したり、癒していきます。こうする事で、以前よりもラクな状態をつくります。

 

まとめ

生きていることに意味や価値を見いだせない場合、外の世界や環境ではなく、まずは自分の内側を見つめてみてはいかがでしょうか。

外の世界や環境も大事です。ですが、意味や価値を見いだせずに思い悩んでしまうのは、もしかしたら内面に課題があるのかもしれません。ぜひ一緒に、解決していきましょう!

自分に自信がない|アダルトチルドレンの特徴を克服するために

8524bca87c20844a59f11709f9031801_s人から褒められると「いえ、そんなことないですぅ〜汗」と、気恥ずかしくなってしまうことはありませんか? 褒められても、素直に受け取れない。また、人から認めてもらいたくて、ついつい頑張りすぎてしまったり。これ、実は私のことだったりするのですが…こういったお悩みの根っこにあるのは「私なんて」という想いです。

「私なんて」と思ってしまう心理を、心理学の用語では無価値感(むかちかん)と言います。自分で自分を低く評価している状態です。でも、私たちは人から認められたいと思ってしまうもの。なので、この無価値感をどうにか埋めたくて、いろいろと頑張ってしまうわけですね。

 

自分の価値を見失う理由

子どもは親のことが基本的に好きですから、親に褒められたり、認めてもらうことを望みます。そうやって、自分の価値を確認して、安心したいのです。「ほら、やっぱりわたしのことは大切だよね?」といった具合に。この想いが満たされた時が、子どもにとっての幸せな時間になるわけですね。

子どもにとっては、親の愛情が一番の関心事です。もし、親の期待に応えた時だけしか褒めてもらえなかったとしたら…「あ、できてない自分ってダメなんだ。見せてはいけないんだ」と思ってしまうかもしれません。子どもの思考は、大人と違い、単純な判断しかできません。なので、白か黒かという極端な思考で、物事を決めつけてしまいがちです。

その結果として、「ありのままの自分では価値が無い」と思ってしまうこともあるのですね。本当は、何かが出来る事と、自分の価値は別の話なのですが…。子どもは”親を基準”に物事を判断しますから、仕方がないのかもしれません。

 

 親の呪縛=親が悪い!?

〇〇でなければ自分には価値が無い。こういった思いこみは、子ども時代につくられます。よく、それは親の呪縛なので、何とかして解きましょうと言われたりします。でも、私はちょっとだけ違うんじゃないかな〜と思います。

親子の関係が”きっかけ”となっていることは事実だと思います。でも、親の呪縛とか、洗脳と考えるのは少し違うのではないでしょうか? 子どもは、親に愛されたくて、自分で自分なりに決めただけだと思うのです。親を責めたり、傷つけることをせずに、自分を責めることで何とかしようと頑張ってきたのです。

だから、自分には価値が無いなんて、自分を責める必要は全くありません。純粋で、健気だった子どもの”わたし”を、あなた自身がいたわってあげて下さいね。親への愛がもつれて、からまって…自分はダメなんじゃないかと思ってしまっただけなのですから。

 

自分の価値を感じる方法

1.受け取ってみましょう

人から褒められた時、あなたはどうしていますか? もしいつも、「いえいえそんな…」と遠慮がちなのであれば、試しに一度「ありがとうございます♪」と受け取ってみるといいかもしれません。

私もかつては、と〜っても受け取り下手でした。本当は人から褒めてほしくて、認めてほしくてうずうずしてるはずなのに…いざ褒められると拒否したくなるという。なんとも矛盾した男でした(笑)

試しに一度。あなたのやれそうなタイミングで、受け取ってみるという経験をしてみて下さい。きっと、ジ〜ンと心が熱くなるはずです! 受け取るとは、あなたの本当の望みを肯定してあげる、という素晴らしい行為ですからね。最初は気恥ずかしいでしょうけれども、気恥ずかしさというのも、心が喜んでいるサインでもあるのです。

どうしてもできない場合、少し考え方を変えてあげるとうまくいくことがあります。例えば、「人はその人の価値観で、言いたいことを言うだけだ」という考え方です。

私が、人からのお褒めの言葉を受け取れるようになったのも、これが1つの要因です。「へぇ〜この人からはそう見えるから、そう言うんだ」といった具合にですね。淡々と頂いてしまう感じです。

2.自分で自分を満たしてあげる

人から認めてもらいたい。これは自然な欲求です。ただ、人から認めてもらえているか確認しないと不安になるという場合。それは少し、自分の心を見つめた方がいいのかもしれません。

自分の心を人の評価だけで満たすことは、やはり難しいようです。認められた瞬間は満たされるのですが、すぐにもとに戻ってしまいますから。もともと心に穴が空いているとしたら…まずは自分で、ある程度は埋めてあげたいですね。

自分を満たしてあげるためには、自分の気持ちや期待に少しずつ応えてあげるのがおススメです。自分の好きな事、してみたかったことを、自分のためにしてあげる。そんな感覚です。いつも「そんなのダメだ」と自分に厳しくしてしまう人は…自分の気持ちを汲み取ってあげて、叶えてあげるといいですよ。

 

カウンセリングでは

カウンセリングをしていて、お客様から言われることがあります。それは、「初めて、自分を愛おしいと思えた」ということなんですね。「こんな自分じゃダメだ」と、ずっと思ってきた方からすると、もしかしたら生まれて初めての感覚なのかもしれません。

「私なんか」という想いは、そういう風に思いたい理由があります。そうした方が安心だったり、都合が良かったりと、子どものころから思いこんで生きてきたのですね。表面上は「私なんか」と思っていても、けなされればいい気分はしないはずです。そして、褒められれば、受け取れなかったとしても嬉しいものです。

本当は自分に価値があって、それを認めたいということを、一番知っているのは私たちの心なんですね。

 

まとめ

私たちは、自分は価値がある存在だと心の底では思っています。誰もが、そこからスタートしました。「ねぇママ、わたしのこと大切だよね? だってわたしは、大切にされるべき存在だもん」といった具合に、子どもは親に確認をいっぱいしたいのですね。

ところが、成長する過程で、「こんな自分はダメなのかな?」と、自分に疑念を抱いてしまうこともあります。育つ環境や、親を選ぶことはできません。でも、もともと私たちは、自分は価値のある存在だと信じて生まれてきました。だから少しずつ、そんな、本来の自分を取り戻していけば大丈夫です。

あなたも、もっとラク〜になれますよ♪