あなたの孤独感を解消!ちょっとした勇気と1つの知恵が生きる希望を見いだす

あなたにとっての幸せは?

 64013dd25a44c8f5a4f7a4817a250cc0_s

人といても孤独。人間関係が続かない。物理的にはそばに親がいたり、パートナーがいたり、友人がいたりするのだが…心と心がつながっていないとい気がしてしまう。そんな心細さや孤独感は、人間の生きる力を下げていきます。将来に不安を抱いてしまうこともあるでしょう。

でも、どこまでいっても私たちは人間です。心というものをもっている以上、人との温かいつながりを感じ、幸せに生きようと思い直すことができるのです。

幸せは他者とのつながりから

日本はなんだかんだ平和だし衛生的だし、飢えることもそうそうないし。でも、全体の幸福度とかはどうなんでしょうか? やっぱり人とのつながり、人間関係がどうなのかが問われるんじゃないかな。

学生のとき、友達がゼロの状態だったときがあって…、そういうときって、胸のあたりが痛むんですよね。乾燥してチリチリになって、焼けそうになる。

そんな孤独の真っ只中にいるとき、他のすべてのことがどうでもよくなる。価値を感じなくなる。

人と仲良くなれること。それを実現できる自分であること。これ以上の幸福はないというのが僕の価値観。そのためには、人を好きになり、自分も好きになり。そして、人間というものを少しずつ信じられるようになる必要がありますよね。

友人がブログでこんなことを書いていました。
感動したのでご紹介します!

 

 知ってました?

あなたに近づかれて、
嬉しくない人なんていないんです。

もし迷惑そうな人がいたら、
照れ隠ししてるのでしょう(笑)。

だからもっと、

自分から声を掛けてもいいんです。

自分から連絡してもいいんです。

自分から誘ってもいいんです。

自分からいいね!してもいいんです。

自分から好きになってもいいんです。

自分から愛してもいいんです。

無理にすることはないですが、

もし躊躇しているのなら
勇気を出して「えいっ!」ってしてみましょ。

相手は「わぉ♪」って喜びますよ(^.^)

引用元:吉田京史(よしだあつし)『自分から近づく』

 

読んでみて、あなたはどう感じましたか?

人を信じられると、生きていこうと思える

00679cd6f85a66f2bece16efe1ab6c2d_s

人が怖くて、信じられなくて、自分自身も信じられない。だから、自分から人を避けてしまうことってありますよね。でも、やっぱり人間一人では生きていけません。どこかで寂しくなってしまいます。

太古の昔から、私たちは群れをなして生きてきました。一人になるのは危険。いとも簡単に食べられてしまうでしょう。

人を避けて一人になるということは、群れから離れようとしているのと同じことです。そうなると危険だということを私たちの身体や脳は知っていて、「寂しい」という感覚で知らせてきます。ちょっと!そのままいくとマズいよ」と教えてくれているのですね。

世の中には怖い人もいます。でも、あなたの中で過剰にそう思いこんでいる、という可能性もあるかもしれません。

「きっと、いい顔されないし、嫌われてるかもしれないし」と、相手を信じない。
「自分から近づいて拒絶されるのは絶対にいやだ」と、自分の可能性を信じない。

そんな思考の中にいると、グルグルと悩みの渦にひき込まれていきます。
人を変えるのは極めて難しいので、変わるとしたらあなた自身しかあり得ません。

あなたの思考、行動が変わり、自分からもっと近づく。それは勇気のいることですし、避けて通りたい道かもしれません。

でも、思っていたより人って優しいのだと。そんな発見をしていくと、あなたの世界が広がっていきます。

相手はある意味、あなたの鏡ですからね。

  • あなたから近づく
  • あなたから笑顔になる
  • あなたから話しかける

それは相手と自分を、信じていることになります。そして、あなたが相手を信じて接するとき、相手もそれを感じます。同じ人間ですからね、相手も嬉しいはずです。

きっと、あなたはあなた自身を、そして人間というものを。今よりもちょっぴり、好きになれるはずです。その先には、『生きよう!』という気概が湧いてくるはずです。

 

胸が苦しい!漠然とした不安の克服事例

cf6a58bf10bed41360241dca15283f50_s誰だって、何か心配事や悩みがあれば不安にもなります。落ち込んだり、憂鬱な気持ちにもなる。でもそれは、不安の理由や原因が解消すればOKなはず。

友人とケンカをしたとか、お金がないとか。目の前の問題は、現実的に対処すればいいのですから。

一方で、理由のよくわからない不安というものがあります。言葉ではうまく説明ができないのだけど、

  • 自分が存在していることの不安
  • ひとりぼっちになりそうな不安
  • 見捨てられてしまいそうな不安

といった、漠然としたものです。

 

漠然とした不安

不安や心配、憂鬱な感じというのは、胸の痛み・ドキドキする感覚として現れます。

何が理由なのか何が原因なのかが分からないので、どう解決したら良いのか分からない。これが、漠然とした不安のやっかいなところです。

私も以前ありました。いつも胸が苦しくて、うずいて。かきむしりたいくらいにジンジンと痛んでいました。

あまりの痛みと辛さ。そして、もうどうして良いか分からない絶望から、一人でよく泣いていたのを思い出します。浴室の鏡の前で…>_<

 

心に触れる!?

実際に胸が苦しいのですから、その痛みの原因を取り除く必要があります。

原因が外にあるのなら、それに対処しないと不安は消えません。お金がないのであれば工面するとか、仕事するとかがそうです。

また、自分の中にあるのであれば、自分の内面を対処しなくてはいけません。内面というのは心のことですが、心の問題にしてしまうと難しくなってしまいます。

心というのは、つかみ所のないものですからね。なので、分かりやすく身体の問題として考えてみましょう。

 

『痛み』とは何か

筋肉痛が、胸で起きているとします。胸周辺の筋肉が炎症して、神経がそれをキャッチする。それを私たちは、痛みやうずき、不快感として認識します。

筋肉痛というのは、筋トレをした後などに起こりますよね。身体は、使いすぎた筋肉を修復するために、「痛み」という感覚を通してメッセージを伝えてきます。

そのメッセージとは「ちょっと休んでね」ということ。

もし痛いと感じることができずに、休もうとしなかったら、どうでしょうか?
きっと筋肉がボロボロになってしまうはずです。痛みには、自分を守ろうという目的(意図)があるのですね。

漠然とした不安からくる胸の痛み、苦しさ、うずき等も同じです。そこには目的がある。

 

胸が痛む目的

では、胸の痛みが伝えたいメッセージとは何でしょうか? それは「気づいてほしい」ということです。

どういうことかと言いますと、自分を否定したり、無視しないでほしいということです。自分が好きで、自分と仲の良い人は、理由もなく胸が痛むことはないでしょう。

筋肉痛は、少し休むことで無くなります。それは、痛みの目的が「休ませる」ことだからです。身体が発する感情・感覚というのは、目的が達成されると消えてしまうのですね。

これは、漠然とした不安から感じる胸の痛みも同じです。

その痛みが、たとえ10年20年と続いていたとしても、今、その目的を果たしてあげれば無くなります。

これをもう少〜し早く知りたかった>_<

私の場合中学1年から胸のうずきがありましたから、20年ほど苦しんだ計算です。

 

カウンセリングでは

お客様の声

まず臨床データとして、お客様の感想を掲載させていただきます。ご参考になれば幸いです。

【Y.O様 女性】

↓2014年12月20のカウンセリングの感想

ヒロさんのカウンセリングを数回受けて、2か月くらいでこんな穏やな日がくるとは。強烈な頭痛も、胸の疼きもなくなるとは。

正直、言葉にも文章にもできない気持ちでいっぱいです。

私は何十年も生きづらさや、強烈な頭痛、胸の疼きを持っていました。

家族や対人関係もここ数年はうまくいかなく孤独。不安。恐怖。だけでした。

*感想記事全文はこちら『見捨てられ不安・胸の苦しさの克服事例

 

↓後日、2015年元旦に頂いた感想

こんばんは☆おかげさまで穏やかな日々を過ごせてます♪

本当に胸の疼きは元に戻らないですね! 深呼吸しても詰まったかんじがしないです。

昨年の今ごろは 胸が痛すぎて ロキソニンテープ貼ってましたあぁぁぁ。

今年は、はじめてくらいに身体も心も健康なかんじです。なんか自分とつながった感じが、まだぎこちないです。(つきあいたてのカップルみたい)でも末永く、自分と仲良くしたいです。

*ロキソニンテープというのは炎症を抑える貼り薬のことです。

 

ロキソニンテープ・・・私は貼っていませんでしたが、そんな方法もあるのですね。

身体の内側(心)へのアプローチ

身体で感じる『心の声』、感覚や痛みというのは、身体の内側にアプローチする技法を使って解決していきます。

その際は、感情の性質をよく理解した心理カウンセラーのもとで行いましょうね。

 

まとめ

以上述べてきた胸の痛みやうずきは、何の知識もなければ、もしかしたら死ぬまでどうにもできなかったかもしれません。

でも、その性質や目的を知り、そこにアプローチする方法を使えば解決していくことができます。

漠然とした不安は、このように解決していくのが解決策の1つです。今悩んでいる方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡下さいね。

見捨てられそうな不安に対処する

不安というのは、あまりセラピーで対応できる領域ではありません。もちろん、全てがそうではありませんが、どちらかと言うと現実的・物理的に対処することになります。

例えば、「将来が不安です」と言っても、不安という感情をなくしたところで、根本的な解決にはなりませんよね。

具体的に何が不安なのか。そして、その解決の道筋が見えているのか。そこを明確にしないと、不安の元は無くならないわけですから。

ただし、「見捨てられ不安」というものは別です。

Continue reading