アダルト・チルドレン

アダルトチルドレンとは?

 

スクリーンショット 2014-09-20 8.16.28
アダルトチルドレン

 

『アダルトチルドレン(以下、AC)聞き慣れない言葉ですよね。

心理学の本くらいにしか登場しない、かなりマイナーな概念です。

主な特徴としては、以下の通りです。

 

対人関係が苦手

  • 「No」が言えない
  • 人が信用できない
  • 相手にどう思われてるか気になる
  • 大人数が苦手
  • 自分の意見がない(言えない)
  • 人間関係が続かない

 

うつ(躁鬱)状態

  • 生きてても楽しいと思えない
  • 自分が自分でないような気がする
  • 自分が何をしたいかわからない
  • 自殺願望がある
  • 感情の波が激しい

 

自信が無い

  • 完璧主義
  • 人に依存する(させる)
  • 過剰に責任を取ろうとする
  • 見捨てられないか不安
  •  誰かといても孤独感がある

 

ACの狭義の概念は、一般的に『アルコール依存症の親のもとで育ち、大人になった人』とされています。

ただし、これだけですと範囲を絞りすぎている感があるので、より広義の概念として、

『機能不全の家庭で育った子どもが大人になった状態』というのがあります。

 

*機能不全の家庭とは、例えば虐待や育児放棄など、親または養育者が適切な発育がなされていない家庭のこと。

 

このような基本的なことはgoogleで検索していただければ、意味や特徴などはすぐにわかると思います。

Wikipediaヤフー知恵袋などに、一度目を通して頂くと参考になるでしょう。

 

ここではネットや本に載っていないことを中心に、お伝えしていきたいと思います。

 

普通の家庭に育ったはずが…

 

どうみても普通の家庭ではなかった。うちの家庭はめちゃくちゃだった。

このように明確な理由があるケースもありますが、よく理由がわからない場合もあります。

 

例えば、私が育った家庭はごくごく普通でした。会社員の父と、専業主婦の母。虐待や育児放棄などもありません。

ところが、私自身は中学1年のころから、ACの特徴が見受けられました。

 

ということは、必ずしも『機能不全の家庭環境』という客観的な事実は必要でないことになります。

あくまで原因(きっかけ)の一部であり、二次的な要因にすぎません。

 

一見、何の問題もなく見える家庭だとしても、『当事者が何を感じ、何を思い込んだか』。ここが重要です。

 

当事者の感覚が全てを決定するので、周りの態度や接し方、育て方などは1つのきっかけなのです。

なので、親が一生懸命愛情を注いだつもりだとしても、子どもがどう感じていたのかまではコントロールできません。

 

人生の脚本

 

子どもは、幼少期からの成長過程で、周りの環境を通して、価値観や世界観を形成します。

それはプラスのこともあれば、マイナスに作用することもあります。

 

例えば、自分を縛るような思いこみであったり、自分を罰する内容などがそうです。

生まれた瞬間から自己否定をしている人はいませんよね。この段階で、自己肯定と自己否定の割合が決まってきます。

当然、自己否定が強いほど人生をしんどく感じてしまいます。

 

だいたい、3〜15歳で性格、世界観といった人格形成がされます。

そして、何もなければこの世界観を基準として、人生を生きることになります。

 

これを『人生脚本』といいます(精神科医エリック・バーンが提唱)。

文字通り映画の脚本のようなもので、2つの認識からできています。

 

1.自分というキャラクターへの自己認識

個性、性格、パターン、運命、扱われ方、将来などの見込みなど。

 

2.他者や世界に対する認識

危険か安全か、存在していいのか、自己主張していいのかなど。

 

映画で例えるならば、自分の配役と、共演者やストーリーに沿ってシナリオが進行していくように…。

人間は、人生を自ら描いたシナリオ(脚本)に合わせて生きようとします。それも無意識で。

 

 

日本版ACとは?

 

まず、日本は村社会です。日本版ACの根幹には、こういった社会的な背景があります。

ということは、ベトナムなどの村社会でも、同様のことが起きています。

つまり、周りに合わせることや、我慢することを美徳とする文化が、ACの大きな要因となっているということです。

 

現在の日本は、終戦〜高度経済成長という流れできています。

核家族化、マイホーム購入で35年ローンの返済、受験戦争といった背景から、

『仕事熱心な父親と良妻賢母な母』という一般的な家庭モデルが登場しました。

 

私の家庭もそうでしたが、仕事中心の父は、帰宅して食事。テレビでNHKを見て、寝る。

教育熱心な母は、非常識なことは一切認めない厳格さがありました。

 

もちろん、それが悪いわけではありません。ですが、経済力や世話をやくことによる家庭支配の構造は、子どもにとって危険な、感情の抑圧が起こりやすくなります

 

子どもは、親から愛されることを最優先します。

それこそ、他のこと(自分のことも含め)を犠牲にしてでも、それを叶えようとします。

 

その結果、いわゆる『良い子』を演じます。先ほどの人生脚本で言うと、

「いい子でなければ愛されない」という世界観を形成してしまうということです。

 

これが、機能不全の家庭でなくともACになる理由の1つです。