うつ病と躁鬱病の違い

うつ病と躁鬱病(そううつびょう)は同じジャンルにまとめられています。この二つの違いについては、ご存知でしょうか?実は、症状を比べてみると違いがあるものなのです。躁鬱病が治る方法をお探しの方、治したいと考えられている方は、このような違いを知っておくことで克服に繋げることができるかもしれません。こちらでは、うつ病と躁鬱病の違いをご紹介いたしますので、悩みをお持ちの方はぜひご参考下さい。

 

うつ病の代表的な特徴

 

いつ、誰が悩まされることになるのか、予測することができないのが「うつ病」です。気分が落ち込み、何をするにもやる気が出ないという症状がある「気分障害」ということは、理解されている方もたくさんいらっしゃると思います。気分が落ち込むという現象は、うつ病ではなくとも誰でも経験することではありますが、うつ病へと悪化してしまうと簡単に気分を引き上げることができなくなってしまうのです。そのため、食欲不振や睡眠不足というような問題を引き起こしてしまう特徴があります。

 

躁鬱病の代表的な特徴

 

躁鬱病も、うつ病と同じ「気分障害」に分類されているものです。そして、「双極性障害」とも呼ばれています。気分が落ち込み、やる気が出ないという症状はうつ病と同じですが、躁鬱病はこのような落ち込みと同時に、気分の上昇を繰り返し起こすという特徴があります。そのため、うつ病と比べて本人も周りも気づきにくいという特徴があるのです。気分の浮き沈みが激しいため、充分な睡眠をとっていなくても活動することができ、自信過剰や口数が増えるというような症状が見られます。躁鬱病は、自覚することはもちろん、周囲の人間が躁鬱病であるということを認識しておかなければ、「ただの気分屋」という印象を与えてしまうこともあるのです。

 

共通する自殺願望

 

うつ病と躁鬱病は、一見症状が似通っているために、躁鬱病を引き起こしているにも関わらず、うつ病と思い込んでしまうことがあります。症状は人それぞれですが、うつ病と躁鬱病には共通して気分の沈みが激しいときに「自殺願望」が芽生えることがあります。現代では、うつ病や躁鬱病に悩まされて自ら命を絶つ方が増加している傾向にあるのです。

 

都内で躁鬱病に関する相談をしたいという方は、東京メンタルデザインにお問い合わせ下さい。日常生活の中で関わることがない人間だからこそ、溜め込んでいることを話せることもあるかと思います。東京メンタルデザインでは、クライアント様の求めるカウンセリングをご提供させていただきます。